2014/12/20

【備忘録】早寝早起き朝ごはんフォーラムinほっかいどう に参加して

 PTAの研修会の一環として、「早寝早起き朝ごはんフォーラムInほっかいどう」に参加してきた。CMとかでよく、川島隆太監修の〜でお馴染みの脳科学者 川島隆太氏が基調講演で話をするというので、生物やさんとしては行かねばと思って手を上げたのである。それに、ICTとか食育ってのも斉藤的には関心領域なのでとても良い機会ということで、ワクワクして手を上げたはいいが、いろいろなことがかぶりまくっていてバタバタな中での出動となったのであった…。

以下、備忘録的なまとめ。
不意に、科学教育頑張らないとって思わせてくれた今回のフォーラムだったりもする。

■基調講演
「生活習慣と子どもの心身の発達 ~脳科学から見るネット社会の影響~」
東北大学加齢医学研究所 所長 川島隆太 氏

 東北地区で行われた大規模調査の結果を主に使って、スマートフォンやデジタルメディアが子どもの学力・体力に与える影響を脳科学の視点から、歯切れよくバッサリと、ショッキングに語られました。あまりの切れ味の良さに、講演後には、すっかりスマホやデジタルメディアの類は、全世界市民から憎まれるべき悪役ぐらいのレベルのものだと思わされてしまった人が多かったのではないかと斉藤は憂いています。
 彼はあくまでも脳科学者としての視点から、スマホやデジタルメディアが「脳」に与える影響を語ったのです。誤解を恐れずに、歯切れよく科学的っぽくデータを提示していったのです(それほど科学に強くない人たちにもメッセージが伝わるように)。「スマホやデジタルメディアに接する時間が長くなっていて子どもたちは危険な状態だ。それにその親たちも」という警鐘を強く鳴らすために。
 と、斉藤は解釈しておきたい。そうでないならば、ちょっと言い過ぎ感が否めないお話だった。
 でも、言い過ぎるぐらいしないとならないぐらいに、子どもたちは、スマホやデジタルメディア漬けになってしまっていて、ある種の大人たちにとっては貴重な市場となってしまっている。また、今、小学校低学年以下の子どもを持つ親世代のスマホやデジタルメディアへの依存度が大きく、それが子どもたちの健全な発育を阻害しているということもある。
 どこかで一度聞いてからしばらく聞いていなかった、「サイレントベビー」という言葉が出てきていた。授乳時に母親がスマホなどの画面を見ていて、子どもの顔を見ない(子どもと目線を合わさない)。そうやって育っていった子どもらは、他人の感情を理解することが苦手な傾向になる。学習や身体的な発達に問題はないが、他人の感情を理解したり、察したり、思いやったりすることが難しい。川島氏は一種の発達障害だと言えそうだ、今の小学校1年生などで起きている学級崩壊にはそういった子どもたちが少なからず影響しているのではないか、将来彼らはきっと年金を払ってはくれないだろう(他人を思いやれないのだから)と川島氏は話していた。
 ここ十数年で一気に発展してきたIT技術やらデジタルメディアの世界。中長期的な影響を考慮した付き合い方を考えていかないとならない時期に来ているのかな。

 とデジタルメディア絡みの内容が8割ぐらいを占めていて、斉藤の興味関心ともあいまったし、ある意味過激だったのですっかりそっちばかりに気が取られたけど、食事の話もしていた。
 「朝ごはんを食べよう」というスローガンを掲げるのではなく、「しっかり朝ごはんを食べよう」というスローガンにもう変えていい時期だと話していた。というのも、午前中脳をフルパフォーマンスで働かせるのには朝食が重要だというのは随分と言われ続けているせいか、調査をやると9割ぐらいの子どもたちが何かしら朝食はとっているのだそうだ。だけど、パンだけとかご飯だけというおかずのないパターン、つまりバランスの取れていない食事のことが多いのだとか。単純に脳の活動エネルギーとして必要なブドウ糖を摂取するという意味では、パンだけでもいいのだけど、それだけだとブドウ糖代謝がうまくできない。だから結局、朝食を取らないのと対して差がない結果になってしまうのだと。だから、「『しっかり』朝ごはんを食べよう」というスローガンにしなければならないのだと。

シンポジウムもあったけど、基調講演ほどショッキングさがなかったので、割愛。

________________
関連リンク
・早寝早起き朝ごはん全国協議会
  http://www.hayanehayaoki.jp
・フォーラム開催案内のページ:北海道教育委員会
  http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/sgg/forum.htm

2014/10/13

「中高生を中心とした子供の睡眠習慣に関する科学的知見の整理分科会(第1回)議事概要」を読んで

 「中高生を中心とした子供の睡眠習慣に関する科学的知見の整理分科会(第1回)議事概要」とやらが文部科学省のページで公開されていた模様。配付資料については,ちょっと興味深いので,時間を作ってちゃんと読もうかと思うけど,7.討議(委員の主な意見)の欄で気になった意見がいくつかあったので,備忘録がてらコメントしてしまおう。

○睡眠授業の効果を生徒に定着させるには、まず学校側がその必要性を理解すること。年に一回は講演会などを開いて、睡眠の大切さについて理解を深める。
 生徒への啓発は、5月の連休明けや、夏休み明けなど、リズムが崩れやすいタイミングで実施するとともに、保護者が学校へ来る機会を利用して、子供と一緒に、睡眠や基本的生活習慣についての話を聞いてもらうと、家に帰ってからそれが家族の話題になる。知識教育をきっかけとして、家族一緒に睡眠や基本的生活習慣について考える機会をもてるようになるとよい。
 保護者や教員もそうだが、養護教諭、心理職等の専門職への教育というのも必要である。専門職の間でも、メンタルヘルスと体内時計のリズムに関連があることは意外と知られていない。
「睡眠」が日中の生活を正常に送るために重要な事柄であることは,たしかにないがしろにされているところはある。そもそも,教員自身が多忙を理由に睡眠をないがしろにしてしまっていることも多いし。
 ただのサボりと自分の意思ではいかんともしがたい状況というのの線引きは難しいけれど,「自分の意思ではいかんともしがたい」そういう状態に陥ることがあることに対する理解が乏しかったりする。体内時計とか概日リズムが行動に与える影響の大きさはほとんど知られていない。概日リズムということでさえ怪しかったりする。
 というわけで,現状の問題を射貫いた意見だなと斉藤は感じた。

○学校教育の中に、睡眠に関する知識を子供たちに与える仕組みをつくらなくてはいけない。
また、塾や習い事がやり玉にあがることが多いが、学校の活動にも問題があるのではないだろうか。子供たちが帰宅後に仮眠をとってしまうのは、遅くまで、部活動をやっているということも原因のひとつである。そういうことを含めて変えていかないと、子供たち自身だけでどうにかしようと思っても難しいだろう。
これだけ問題視されているのだから,なんらかの形で睡眠に関する知識を伝えていく必要があるのは確かだけど,これが,後に出てくる教科化とかにならねばいいと願う。既存の枠組みの中でも取り組めることは大いにある。健康の学習をする機会は多くある。
 確かに睡眠の問題を話すときには,ケータイとかゲーム,PCの話が多いけれど,学校の活動の中にも問題がないわけではないと思わされた。長時間の部活動で疲れ果てて帰りながらも,課題とかに追われて,就寝時間が遅くなるというのは,高校生にありがちだ。生徒らの口からもよく聞く。教員側の超過勤務の問題も部活動にあったりするので,この辺は部活動の負の側面として,検討が必要なんだろうな。

健康科のような副教科は絶対に必要だと思う。土曜の午前中などを使って、睡眠だけでなく、食事の重要性など子供の心身の健康に関連することを分野横断的にやれないか。ただ、睡眠学会などの協力のもと、組織的にやっていかなくては難しいだろう。
こんな意見が出なければいいなと思っていたのが,出てしまっていた。一委員の意見として出てくる分にはいいし,それぐらいの重大なことだという認識は必要だけど,既存の活動のなかに織り込めることならば新しく専門のものを起こすようにしない方が,現場の反発は少ない。




以上。ぱっと思いついたことをメモした。「生物基礎」では,健康に関わる分野が充実していることもあって,こういう健康に関する興味関心とか,基本的な知識理解を高めて行かねばと,生物専門の人としては強く思う。睡眠のところの話はメインの話としては出てこないし,難しいけど,ホルモンとか恒常性の話のおまけ的に紹介のしようはある。保健体育とか家庭科とコラボして総合学習の健康にかかわる領域としてなにかできたら面白いなと思ったりもする。


---
・中高生を中心とした子供の睡眠習慣に関する科学的知見の整理分科会(第1回)議事概要:文部科学省 (http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/katei/1352059.htm
・日本睡眠学会(http://jssr.jp/data/download.html

2014/10/05

ブライダルベールを育ててみる―Day29

 植え込みから1か月ほど経ちました。だいぶ落ち着いたのか、ここ1週間ほどで元気な成長を見せています。


 植え込んだばっかりのときの、貧そうな感じが随分となくなってきました。

 脇芽がちょこちょこと出始めています。

 断片でも落ちていたのか…、ちょっと離れたところに小さいこがあらわれました。

 どうやら花芽らしきものが二つばかり。咲くといいなぁ。でもこれだけだとさみしいな。

ってな具合で、これからどんどん冷え込んで来ますが、いい成長っぷりです。
水分控えめであげると耐寒性が高くなるらしいので、少し控えめに水やりしていきます。

 あっ、液肥あげるの忘れてる…。