2010/06/23

教育現場はどこまでICTを取り入れるべきか?

「急増 電子教科書、小学校用1点から28点へ」YOMIURI ONLINE
(http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100601-OYT8T00325.htm?from=nwlb)
という記事が掲載されていた.

ICTの導入は,視覚・聴覚により訴えかける授業展開を行いやすくなり,
児童・生徒の学習効率が上がるという点で有用ではある.
もちろん,教師がそのICT教材を十分に使いこなせた上でという条件付きとなる.
すでに電子教材を導入し一定の効果を得ている学校もあるようだが,
逆に電子黒板が故障した状態のまま放置されるといった状況もあり,
すべての教員が積極的に電子教材を使用しようとしていないようだ.

今までの視聴覚教材でさえ,見せるタイミングや量によっては
十分な学習効果を生まない状況での使用もあっただろう.
そのような中で,新たな教材が入ってきたときに,現職の
教員たちはどれどれだけ授業にうまく取り入れられるのだろうか.

液晶画面を見る時間が学校外でも多い現代っ子に,
学校での授業中までも液晶画面を見るようになったとき,
 健康被害は出ないのだろうか?という心配もある.


心配事はつきないけれども,新技術の導入による学習効果の
向上といった期待されることも大きい.
教育においてICTはどこまで活用できるかということが,ICTを教育に
取り込んでいくときの視点になっていたと思うが,
「どこまで取り込んでよいか?」という視点もあわせ持つべきではなかろうか.

0 件のコメント:

コメントを投稿