2011/11/16

オオハクチョウ1日観測 第二弾

北海道の各地では初雪の知らせが入り始めた今日この頃.
厚岸では雪は確認していませんが,最低気温はぐっと下がって,
氷点下に落ちています.
そんな中,先週に続いてオオハクチョウの1日での分布変化を見てみようの
第二弾を行いました.

前回は,日が上がってしまって南岸が見にくかったので,
日が上がりきる前の薄明かり時刻帯から待機して,見える用になった瞬間に
一気に日出時間帯の観測をしてしまおうと算段をたてました.
さらに,死角エリアには同期にカウントをお願いしました.
(ということで,毎度上り下りしなくて良くはなったのですが…寒い寒い…)

予報では風がかなり吹きそうな感じではあったのですが,
諸々の都合を考慮して強行.

別寒辺牛川河口に集まるオオハクチョウ(2011.11.16 7:04)
【日出時帯】6:00 - 6:45
かなりのオオハクチョウが別寒辺牛川河口域に密集していました(上写真).
厚岸湖内だけだと,1000匹未満になるような数でした.風と光の関係で
数え落としが多くなってしまっているというのもあると思いますが…

【満潮時帯】8:00 - 8:40
日もすっかり昇り,風も若干収まり,計数しやすくなりました.
湖内1400匹程,別寒辺牛川河口域1000匹ほど.
日出時帯でかなりの数え落としがある疑いが高くなりました.

【定期観測時帯】9:30 - 10:00
ほぼ満潮時帯と分布状態,数ともに変わらず.
数え終わった頃から,まとまってた集団が少し散らばり始める様子が
見られました.満潮時帯よりやや北風が強くなった感じです.
風波に乗って散らばり始めた様にも見えました.
長く定期観測をしている方とのカウント数がほぼ同数だったので,
本日の厚岸湖・別寒辺牛川河口域のオオハクチョウ個体数は,2,400程度でよいでしょう.

【干潮時帯】12:30 - 13:10
大きな分布は,満潮時帯と変わらず.
定期観測時帯後に少し散らばっていたのが,若干密集した印象.
沖側に出ていた集団のほとんどが岸の近くまで戻った.

【日没時帯】15:15 - 15:45
干潮時帯からさらに密集.別寒辺牛川河口の上流側へ移動する姿が
10~20匹ほど見られた.
そのほかにも,あちらこちらで飛ぶオオハクチョウたちが見られた.(数えにくい…)
分布域に大きな変化はない.

という具合で,
・日出~満潮時帯にかけて沖側に少し出てくるようです.(前回もそんな動きだった.)
・風波にはかなり流されるかっこうになるようです.
・日出時刻帯の観測はもう少し工夫しないと難しいです.
などなど,分かったことやら,観測の改良点やらが出ました.


おまけ写真集

第2観測ポイントにはってくれた同期がタンチョウが飛んでいるところを押さえた!!

タンチョウ@厚岸湖 2011.11.16 8:05 

今年3月の地震の津波で削れたからといって,土を盛って修復している牡蠣島(アサリ養殖島)へ
盛り土を運ぶ作業船(でかい!!).

盛り土用の土を運ぶ様


次は,厚岸湖の湖面が凍るころに1日観測をやる予定です.
しばらくは,また,週1回の定期観測生活にもどります.


解析用のデータセットの修正と整理が必要だと気がついてしまったので,
しばらくは解析結果の検定やそれの詳しい考察は置いといて修正に専念します.
今月末か来月頭に中間発表的なゼミをやるとボスが言うので,それまでには
修正してしまいたいところです.

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村

2011/11/10

厚岸湖のオオハクチョウの飛来数が例年並みに

1日での湖内のオオハクチョウ分布の変化をみてみようということで,
日出から2時間おきぐらいで個体数カウントを日没までしてきました.

先週の計数では,例年よりかなり少ない数しかいませんでしたが,
今日の朝の時点で,3000匹に近づき,ほぼ例年並みとなりました.

オオハクチョウの塊@厚岸湖北岸

この写真だと白い塊にしか見えませんが,オオハクチョウがどっさりいますね.

調査の相棒-フィールドスコープ

計数は,このフィールドスコープを使ってやっております.
これでみれば,上の写真の白い塊も,そこそこオオハクチョウらしく見えます.
といっても,対岸距離7kmほどあるので,遠いところはなかなか大変ですが.
中~近距離であれば,主食としているアマモ(Zostera marina)を食べているところも見えます.

大部分は小高い山(お供山)の頂上の展望台(第1観測ポイントと名付けておく)から数えますが,
一部死角になるので,その部分のうち車でアクセスできる部分には移動して,
計数しております(第2観測ポイントと名付けておく).

オオハクチョウ-真水を求めてとことこ歩いてます

オオハクチョウ-なんというバランス感覚と思わず…
そこだと,数メートルの距離まで近づけるので,上の様な姿をじっくりと
観察することができます.
流れ着いたアマモ

流れ着いたアマモの拡大
 第2観測ポイントの岸辺には,上のように抜けたり切れたりしたアマモが
大量に流れ着いています.
先週辺りから,流れ着いたものがかなり増えたように思います.
まだまだ,青々しいのばかりなので,抜けて間もないのでしょう.


お供山は15分くらいで気軽に上れる山ですが,さすがに4往復もすると
しんどいです.
あと2回くらいは一日観察やる予定なので,そのときには,
死角部分観察要員をつくって,降りていかなくても良いようにしたいなと
思ったのでした.



にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村

2011/11/09

冷え込みが厳しくなってきました

毛布2枚,羽毛掛け布団1枚 をかぶって寝ている今日この頃ですが,
今朝は目覚めると一段と寒くてびっくりしました.
それもそのはず,今朝は北海道各地で氷点下の気温でした.

2011.11.09 5:00の気温 気象庁webより
車のウィンドウも今シーズン初結氷となりました.



そりゃ,寒いですよね.エンジンもなかなか暖まらず.
そのために暖房もしばらく暖かくならず.
スノーブラシを先日,ホームセンターで買ってきておいて良かった
と思ったのでした.

冬はもうすぐそこまで来ているのですね.
明日は,オオハクチョウの一日の動きをモニタリングするのですが,
今日と同じくらい寒そうです.今期初ダウンジャケットとなりそうです.



にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村

2011/11/07

【フォトログ】次世代の息吹


北海道の長い冬はもうすぐそこまで来ているのでしょうか?
アイカップのエゾシカもキタキツネも冬毛をこしらえ,
エゾリスたちは食料集めに奔走しているようですが,
冷え込みは,まだまだこれからという感じです.

そんな中,植物たちも次のシーズンに向けて準備しているようです.
湿潤できれいな空気のアイカップはコケ・シダ・地衣類が
ステキに繁茂しています.


僕も彼らに負けないように来春に向けていろいろと策を練らないと...

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村

2011/11/06

温泉に行ってきた

11/3(木・祝)と11/5(土)に温泉を巡ってきたのでメモ.

3日は,地元帯広に戻るとたいてい入っている,「オベリベリ温泉水光園」.
5日は,川湯温泉街にある,「御園ホテル」(日帰り入浴).

十勝・帯広の温泉は,美人湯で有名なモール泉.
弟子屈・川湯温泉は,温泉らしさ満点の硫黄泉.

指先のひび・あかぎれ様の炎症が出ていたのですが,
かなり緩和された様に思います.
日頃は,シャワーを浴びるだけで,湯船につかることもないので,
温泉に入って,血行が促進されたりなんだりが利いたのでしょうかね.


さて,今シーズンの「知床峠」が通行止めになる前に,
一度通りたいなと思っていたのですが,なんだかんだと月日が経ち,
あっという間にきわどい時期になってしまいました.
最近週末の天候はあまり良くない傾向なので,どうしたものか...

来年度の自身の動向が決まっていないですが,おそらく今よりは,
知床峠から遠くに移動するだろうし,そもそも,
時間も作りにくくなるだろうし,と思うと……
まぁ,昨シーズンは2回天気の良いときに通っているので良いと言えば,
良いのですが…若干心残りな気が….


と,ぐだぐだな感じですが,今日の記事はココまで.

せっかくなので,季節外れですが,
「第61回勝毎花火大会」で撮影した写真をご紹介.
「第61回勝毎花火大会 フィナーレ」


にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村