2011/12/24

2011年を振り返ってみる→2012年へ向けて

巷では,クリスマスとか言う一年に一度のイベントで盛り上がっている頃ですが,
僕は,カントリーマアムを食べながらコーヒーをすすり,2011年という年を振り返って
みようと思っているのです.





「敗北」

今年の世相を表した感じは「絆」でしたが,僕の1年は「敗北」というのがマッチかなと.


一つ目の敗北は,卒業研究実習の配属先研究室決め.
おそらく僕が生物学を今こうして勉強している大きなキッカケが,小5のときの宿泊研修での
プランクトン観察.何気ない池の水の中に,多種多様なプランクトンがいたことに感動したものです.
そして気がつけば,バクテリアの群集生態に興味を持っていたのでした.
おそらく,僕って基本的に俯瞰するのが好きなんですよね.あまりどこかを切り出してというのは
好まないのかなと思ったりしています.そういう意味でもたぶん群集生態ってのがいのかなと
思うのです.(とはいっても,全く切り取らないなんてのは無理な話ですけどね.)
ということで,バイオフィルムを扱っている研究室を第一志望としていたわけですが,
例年人気の研究室であるようで,2名枠に6名志望.
どうやって決めるかというので,若干もめたりしましたが,結局は
その研究室のボスが持っていた講義のテスト結果の上位2名通過ということに収まったのです.
学生の本分と言われる勉学をほどほどにして,他のところに注力していたころですから,
まぁ,あえなく落選です.
そして,今の研究室に配属することとなったのですが,後悔がないといえば嘘かもしれませんが,
これはこれで良かったのかなと思っています.

もう一つの敗北は,北海道教員採用候補者試験.
新卒での通過はなかなか厳しいという噂もある中,ひとまず筆記(マーク)のみの1次試験は
カテキョをやってたり,問題がそもそも簡単だったりで問題なく通過.
適性試験,筆記(論述:指導案など),個別面接(模擬授業含む),集団面接の2次試験にて
D区分ということで,不採用となりました.
不幸中の幸いといえるのは,手応えのあった1次・2次の筆記については手応え分の評価が
帰ってきていたということでしょうか.
個別面接は,与えられた教材を平凡すぎる使い方をしてしまったなと,集団面接は,期限付きや
他県の現職組に圧倒されてしまったなと,振り返って思うのです.
新卒は新卒なりでの評価がされるという噂がありますが,それにしても結局自分の魅力を
アピールするには至らなかったなと….
(先日受けた私立の結果待ちなので,未定ですが)来年以降受けるとすると,
新卒の評価ではなく,現場に出たことのある人レベルを要求されることになるであろうので,
一つハードルが上がってしまうとも,いえるでしょうね.



高校入試,大学入試と順調に第一志望を逃すことなくつかんできたわけで,
今年は,第一志望の取りこぼしが2回も起きるなんていう,自分の中ではかなり大波乱の
一年となったんですね.
今までうまく来たことがうまくいかなくなった,という一つ大きな壁が僕の前に現れたわけです.
いろんな人がいろんなところで言っていることかもしれませんが,

「大きな壁にぶち当たったときこそが,自分が成長する機会なのである.」

と思うのです.


結局自分が模擬授業とか面接とかで攻めの姿勢にいけなかったのは,
・自分の経験則とか小学校~大学までで見てきた先生の観察から考えたことが大半
・過去の実践記録や,理論とか,今の議論の潮流とかについて不勉強だった
から自分より年数としての経験値がある人と対峙したときに自身を持てなかったからでしょう.
(ただ年数を重ねてればいいってもんでもないんですけどと思ってはいますが)


自身を持つために,もっともっと勉強しないとなと思いました.
それも,理科教育とか生徒指導とかみたいにこれまでの分類体系に縛られない
もっと俯瞰的に大きな枠組みの中で考えながら勉強していきたいと思います.

高い専門性を持った教員が求められているところではありますが,
逆に,「俯瞰力」とか「総合力」というのもある意味で高い専門性だと僕は思います.



「万物はつながっている」



ずっと思っているところではありますが,なおいっそうこれを大事にしていこうと思います.






夢に向かって進むのに疲れたときに勇気づけてくれる動画:「ランディ・パウシュ 最後の授業」





にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学4年生へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿