2012/03/18

今春の入学生から高校理科は新学習指導要領準拠に.

平成21年(2009年)3月に示された高等学校学習指導要領(新学習指導要領)が,
今春から,数学・理科についてのみ平成24年度(2012年)入学生から年次進行で実施されて
いくことになっています.
新学習指導要領実施スケジュール(中学校・高等学校)
数学・理科ともに科目内容の再編成がされるなどで,一部ないし大きく内容構成が変化
しています.(関連リンク:高等学校の各学科に共通する教科・科目等及び標準単位数(PDF)(文科省),
高等学校学習指導要領新旧対照表(PDF)(文科省)

斉藤の専門であるところでいうと,「生物1」「生物2」は「生物基礎」「生物」となり,
「生物1」→「生物基礎」,「生物2」→「生物」と単純に対応せずに,「生物2」から「生物基礎」,
「生物1」から「生物」へ移動した部分が多々見られます.
斉藤としては,単元間のつながりがかなり分断された形になったように思うのですが….
今まで「生物2」のおしりにあって,進化の分野と選択性だった生態系の関係が,
「生物基礎」に入ったことで,せめて生物多様性の重要性をより多くの人がよりよく理解できる
ようになればと思います.

化学分野も有機化学,無機化学がすっかり「化学2」にあたる「化学」に配置され,
多くの人は「化学基礎」のみしか履修しないでしょうから,無機化学,有機化学を
学ばずに高校を卒業してしまうのです.
私たちの身の回りには,なんと多くの無機化学,とりわけ有機化学の恩恵があるのでしょうか.
そして,危険も.
よりいっそう化学分野が計算と式と記号のオンパレードの謎の学問になってしまうのではと
憂うのは斉藤だけ?


とはいっても,現場の教員としては,ひとまずは学習指導要領を読み解き,
それを根拠にして授業を作っていかねばなりません.意見はその上で言うことにしましょう.


参考:高等学校の新学習指導要領関係文書の集まった文科省ページ
     http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/1304427.htm



0 件のコメント:

コメントを投稿