2012/05/21

金環日食DAYでも北海道は部分日食

今日は,25年ぶりに日本で金環日食が見られる日でした。
(あいにく今回は北海道で金環日食を見ることはできませんが…)
18年後の2030年6月1日には北海道で金環日食が見られるというのでそちらに期待しています。

日食の観察は,正しい方法で行わなくては目を痛める危険が大きいものです。
国立天文台や日本眼科学会など各種機関・団体から注意喚起が発表されていました。
教育機関向けには,通学時間帯の現象であることから,児童生徒・保護者に十分に
注意喚起をするようにと通達が出されるほど。

日食を直視することによって目を痛めるのを防ぐとともに,
通学中に日食を観察して(周囲への注意が散漫になり),交通事故などに遭わないように
という点も今回は大切なポイントでした。


授業でも,各HRでも注意喚起してもらったのですが,一瞬ならといいながら
見ちゃった生徒がいたり。
教職員向けも,朝の打ち合わせで注意喚起したのですが,全然見られるといいながら
見ちゃう先生もいたり。
凝視した人はいないようなので,事故は起こっていないようですが…
注意喚起の方法とか科学的なリテラシー教育とかについて,反省すべきことは多そうです。




北海道なのであいにく部分日食でしたが,一応写真を撮ったので,貼り付けておきましょう。


2012年5月21日 7:30頃 厚い雲の隙間から欠けた太陽が覗く

2012年5月21日 7:30頃 日食グラスを通して撮影

2012年5月21日 7:50頃(最大食頃) 厚い雲の隙間から欠けた太陽が覗く


なお,今回の金環日食については,

2012年5月21日 金環日食(http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/

で詳しく解説や注意事項,ギャラリーなどがあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿