2012/08/26

LINEでつくられる裏チャンネル

 8月始めにiPhoneにしてから,丸3週間が経ちました。
「スマホ買ったよ-」といえば,「LINEやってる?」という問いが帰ってくることが多い模様です。
かく言う斉藤も,幾人かに訪ねられました。

LINEってSkypeの亜種かなくらいな感じで,ガラケーユーザーとしての斉藤は,
捉えていたのですが,どちらかというとSNS的な要素があるようですね。
グループ機能なんかで,グループ内でのメッセージの一斉送信というか,
掲示板的に使うというかが,できるんですね。
みんなスマホでLINEやってたら,連絡網作らなくて良いなと思ったり。
(まぁ,そうは簡単にいかないんでしょうけど…)

さらに,LINEをつかったチャット友達(あるいはリアル友達?)の募集の掲示板とかも,
スマホに最適化された形で用意されているようです。


いろいろ危惧される点もあるようですが,とりわけ,学校現場としては,
LINEのグループ機能で作られる裏の生徒間のネットワークが悪い方向で働かないかが
気になるところです。

学校裏サイトや前略プロフは斉藤が高校生ぐらいのときには賑わいを見せましたが,
今は,学校裏サイトチェッカーや警察や教育委員会(もしくは外注の形で)の,
ネットパトロールによる取り締まりで,衰退の方向の模様。

その一方で,mixiとかfacebook,twitterといった,友人や許可した人以外からは発言などが,
見られないところが繁栄しているようです。
ちょうど斉藤の小中学校での同級生や後輩の弟妹が,高校生ぐらいだったりするので,
mixiとかfacebookとかでも,そういった弟妹たちとのつながりから,多くの高校生が
SNSに現れてきたているのを実感する日々です。
SNSだと友達が増えていけば誰か特定の数人だけにという形での発信は,難しいですが,
LINEのグループ機能を使うと,複数の小グループを作って情報網を作れます。
そんなこともあってか(それだけではないでしょうけど),LINEは大反響の様子です。


悲しいことですが,ここに新たなネットいじめの温床があるようです。
「みんなスマホでLINEやってたら,連絡網作らなくて良いなと思ったり。」と上に書きましたが,
公式的な連絡網とは別に生徒間での情報の共有のために,LINEのグループを
クラス単位や部活単位でつくって使っていたりするようです。
学校祭とか時間割とか部活の予定とかの連絡手段として使っている分には効率的な
使い方でいいのですが…

クラス単位等でグループを作るときに,特定の子をグループに入れないという,
今風の仲間はずれがあるそうです。
悪口を数人でぶちまける場になっていたりもするようです。



学校教育の現場には,こういったICT関連に明るい先生方が少ないのが残念ながら現状。
自分の高校時代を思い返しても,PCCで情報系の中枢にいるような諸先生方とお話ししても,
そして実際教員になって学校を見渡しても,そう思います。

斉藤もまだまだ勉強不足だとは思いますが,情報の分野に明るい情報を専門としない教員
というのを,自分の一つの武器としていこうと思いを固めたところです。
って,自分の仕事を増やすことになってしまいそうですけど…。



とりとめのない,嘆きっぽい文章に……(~o~)

0 件のコメント:

コメントを投稿