2012/11/25

観戦・鑑賞づくしの3連休

 「こにゃにゃちわー」というフレーズを聴いて,何を思い浮かべますか。
NHK教育の「ニャンちゅう」それとも,NHK教育の「ケルベロスのケロちゃん」でしょうか。
斉藤は,ケロちゃんを思い浮かべます。というのは,どうでも良くて…。

この3連休は,バトンの発表会とバスケ観戦という鑑賞(!?)・観戦づくしとなりました。

3連休1日目は,夕方からバトンの発表会へ。バトンの発表会というのは初めてで,
テレビでもあまりバトンの演技を見たことってないなと思います。なんかぼっこを
ぐるぐる回すやつ程度の認識でしたが,出演する生徒から招待いただいたので
行ってきましたら…。


美しさと力強さの共存の美とでもいうのですかね。素敵でした。バトンが高速で回転しながら
垂直に投げ上げられ,垂直に落ちてくる。手元の微妙なズレが大きなズレをよび,キャッチミス
へとつながる。そんなのをいろんな動作の一連の中で繰り出すのだからすごいですね。
自分もバトン投げられるようになれば,物理の時間のネタにでもなるかと思ったのは内緒。


 3連休2日目は,JBLの2012-2013シーズン,レバンガ北海道vsアイシンシーホースの
試合が帯広総体でやるというので,前売り券の案内などがバスケ部顧問な斉藤のところにも
やってきたので,何かのご縁と思って観戦してきてみました。


 プロのスポーツ観戦(生)って,小学生の頃にいった帯広の森球技場で,読売ジャイアンツと
横浜マリナーズの2軍の試合ぶりぐらいなのかなと思ったりするぐらい久々。
元々全然,この4月までご縁のなかったスポーツなので,試合内容についてどうこうとか,
チーム事情についてどうこうというのはないのですが,小さなミスの蓄積は大きいということを
再認識させられました。
 バスケ界を見始めて8ヶ月で感じるのは,言うなればバスケは小さなミスの蓄積がほぼ線型
に現れる競技だということ。自分のやってたサッカーはどちらかというと,小さなミスの蓄積が
ある一定値(閾値)を超えると得点として現れる。閾値は得点差が開くほどに小さくなるという
印象があります。競技特性をうまく説明したものかは謎ですが,あくまでも斉藤個人の感覚と
してはそんな気がします。

 そして,3連休最終日は,高校生のバスケの大会(ミズノ杯)の準決勝・決勝を見てきました。
ボールが誰かの所,どこか一定の場所で止まっている時間が長い(ボールが滞る)というのは,
バスケット素人でも感じる程のものでした。
 果敢にドライブを仕掛けたり,ポストプレーをしたりして,空間を捻出できる選手が限られる
というのが,高校生(しかも,1・2年生からなる新チーム)でボールが滞る原因なんでしょう。
 フットサルコートと同じくらいの中に,フィールドを駆け回る人が一人多いとか,フロントコート
へボール運んだらバックコートに戻れないとか,ほぼハーフコートに10人がいる状態が
多いことを考えたら,そりゃスペースを作るのは大変でしょうさ。まぁでも,パスコースの
自由度がフットサルよりも高いんだし,オフェンスに優しい(!?)ルール設計なんだからとも
思ったり。



 さて,明日からは11月最終週。四者面談と大学推薦入試のラストスパートでハードな1週間と
なりそうな予報です。

0 件のコメント:

コメントを投稿