2013/01/20

【連載!?】北海道で教員を目指すあなたへ(1)

 第一回目の今回は,1次検査について書いていきます。
 第0回目で大まかな内容を書きましたが,1次検査は,概ね7月の第一日曜日に
実施されます。一般教養,教職教養,専門試験の3つが課せられます。

 さて,北海道の1次検査は,2012年度検査(2011年7月実施)から,
一般教養,教職教養,専門試験の3つともが,マーク方式になりました。
以前は専門のみ記述方式で,一般・教職教養がマーク方式でした。
他県併願していないので,きちんと他県の問題を見たことがあるわけではありませんが,
北海道の問題は比較的簡単(基礎的)なものが多数出題されています。
校種や教科にもよりますが,高校理科とかだと65%程度が一つのボーダーラインの
ようなので,比較的到達しやすいです。

 裏を返せば,一部の高倍率な校種・教科を除けば,1次を突破できないというのは,
明らかに勉強不足です。問題集を一冊,月刊の対策誌を一誌決めてそれをやりこむ
ことで十分ボーダーに手が届くはずです

 問題集や対策誌の問題や解説,記事がちんぷんかんぷんで意味不明な方は,
大卒としての基礎的な力が不足しています。基礎力の補強が必要です。
 闇雲に前に進んだところでゴールには近づけないことが多いです。
自分の現状を正しく理解し,ゴールとの距離を正しく測り,ゴールへの道を進むための
方法を適切に選び,実行しなくてはいけません。



教師になることが目的ですか?それとも教師になって何かしたいことがあるのですか?
教師になることが目的なら,どこかの公務員予備校にでも通えば良いです。
教師になって何かしたいことがあるのなら,マジメに勉強しましょう。






3 件のコメント:

  1. はじめまして
    現在は他県で教諭として勤務しておりますが、
    今年度で退職し、北海道での受験を考えている山田と申します。

    このブログはとても参考になることばかりで、
    思わず投稿させていただきました。

    私は臨時(常勤)講師をしながら4回目の受験でやっと採用でした。
    採用後の勤務年数がちょうど3年しかないため、
    北海道の受験では一般選考で受験することになりますよね。
    一から学習しなおす事がよい機会だと、勉強に励んでおります。

    今後ともブログを楽しみに拝見させていただきますね。

    返信削除
    返信
    1. 山田さま,初めまして。そして,コメントありがとうございます。
      拙い記事ばかりですが,ご参考になったのであれば幸いです。

      たしかに,H25の要項によれば,他県での経験年数が正規で
      4年以上ないと特例区分にはならない様ですね(斉藤も
      先頃要項を見直して知りました)。
      正規・期限付関係なく,合算や通算の勤務年数でもいいようにも
      個人的には思えたりします。

      現職となるとなかなかお時間とれないと思いますが,
      現場での経験や4回の他県の受験の経験は必ず2次試験で生きて
      くると思います。1次試験の突破に向けて頑張ってください。

      なるべく多く有用な情報を書けるように斉藤も頑張ります。
      4月以降からは,初任者研修も始まるので,それで扱われた
      事柄なんかは,ある意味道教委がホットに捕らえていること
      なのかもしれませんので,逐次書いていきたいと思います。

      お気軽にコメントお寄せください。

      削除
  2. 斉藤さま

    山田です。
    素早い返信をありがとうございます!!

    来年度から、初任者研修も始まり、確実に今以上に多忙になりますよね。
    私も初任の一年間は大忙しで、周りの先生たちにご迷惑ばかりかけてしまったと…反省の年でした。
    どうかお身体を大切に、がんばって下さい。

    因みに、私は札幌市の特別支援学校で受験する予定です。実は私、お恥ずかしいのですが子どもがおりまして………。転校をできるだけ避けたいと考えて、札幌市に限定しました。倍率も高くなるかもしれませんが、何とか頑張ろうと思います。

    暖かいお言葉、ありがとうございます。
    とても励みになりました。

    またコメントさせていただきますね。



    返信削除