2013/03/08

有機溶媒によるゴマ油の抽出をしました

今日は,ゴマから有機溶媒(アセトン)を使って,ゴマ油を抽出する実験をしました。

【手順】
すりつぶしたゴマをビーカーに移した。
(1)ゴマ10gを秤量し,乳鉢と乳棒を用いて,すりつぶす。

(2)すりつぶしたゴマを100mLビーカーに移し,アセトン20mLを加えて攪拌する。











アセトン原液(左)とろ液(右)

(3)ろ紙,漏斗を用いて(2)をろ過し,ろ液を100mLビーカーに回収する。
(4)ろ液の入ったビーカーを温浴させ,溶媒を1/4程度まで揮発させる。










ゴマ油とその他に分離した様子

(5)水3mLを入れた試験管に,(4)の液を入れる。














という手順で行いました。別に揮発させなくても良いのですが,
廃液処理のこともあったり,試験管の大きさのこともあったり,実験時間のこともあったり
するので,一応手順に入れています(つまりなくても良い...)。
数研出版の化学図録に載っていた実験です。ただし,図録では,ヘキサンを溶媒として用いていましたが,ヘキサンがなかったのでアセトンで代替としました。

0 件のコメント:

コメントを投稿