2013/07/28

【理科素材】炭素原子の結合

夏休みに突入しました。夏休みといえば,夏季講習です。
部活をやっていた3年生にとっては巻き返しの大事な時間ですね。
今年度は生物系の進路希望者がいないため,生物の講習の開講がなく,
化学を担当しています。
5月からの平常講習で理論化学編はつまみ食いしてきているので,
まとまった時間でやるならばと思い,有機化学をテーマにしてみました。


講習のプリント作るときに,炭素原子どうしの結合の図がほしいなーと思い
何を思ったかIllustratorで書き始めてしまいました。
スキャナで読み込めばいいような図もあったりなかったりしましたが,
正四面体の配置なんかは,ちょっと書き換えればアミノ酸とかにもできて便利なので,
今後のプリント作成にも生かされるだろうということで…。

Illustrator形式(ご自由にどうぞ。)
こんなんができあがりましたよ。角度の決め方が難しかったな…。
Illustratorガリガリ使える人ならばさくっと仕上がるだろうなーと思いながら,
試行錯誤でした。

立体球とかどうすればそれらしく見えるのかと思ってGoogle先生に尋ねてみたら,
Illustrator球体の描き方いろいろ」というブログ記事がヒット。
3パターン中,3Dを使うのとブレンドを使うのを試してみたところ,ブレンドを使った方が
好みの感じにぱっと仕上がったので,こちらを採用。

今回は全く使ってませんが,
ぷんぷんしてます。

0 件のコメント:

コメントを投稿