2013/12/01

FOSS4G函館勉強会で発表してきた


FOSS4G函館勉強会が,11/30-12/1で開催されました。
7月のFOSS4GHokkaido2013での発表に続き,
「コミュニケーションツールとしてのQGIS-メッセージを絞った地図を作る」
というタイトルで発表の機会を頂きました。
Geo系イベントへの参加はこれで今年2度目。
今回は,ゴリゴリFOSS4Gを使っている人向けではなく,
駆け出しの人たち向けということだったので,夏のネタからアレンジして,
斉藤のQGISとの出会いの話とその後の話で展開しました。
夏のバリバリの技術系の皆様を前にしての発表とは打って変わって,
今回は,バリバリの生態学系の皆様を前にしての発表ということで,
前回とは違った雰囲気での発表でした。


教育畑の人たちではないところで,少し教育の話もはさめながらお話させて
いただけたのは,とてもありがたく感じています。
教育界の中であれこれ知恵を絞ることはとても重要だと思うのですが,
違った畑の人たちからの意見は,新鮮な視点があってとても参考になったり,
他の畑から教育畑に参入してきてくれるような人の発掘ができたりと,
いいことづくしのように斉藤は思います。

ということで,今後とも,教育業界以外にも足をどんどん踏み込んで
行きたいと思っていますので,どうぞよろしくお願いします。



■発表スライド

懇親会で,「とても安心して見ていられるスライドでした」と好評を頂きました。
特に,スライド右上の残りスライド表示がプログレスバーみたいで,落ち着きますとも。
狙い通りに感じ取ってもらえたようでよかった,よかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿