2014/01/13

パジェロJr.の助手席側の窓ガラスが再び外れたので直してみた

 相棒,パジェロJr.(パジェロジュニアとも)の助手席側窓ガラスが一昨日,変な挙動を示すようになりました。症状としては,一応パワーウインドウのスイッチで上下するものの,途中でガクッと下がったり,前後の上下が斜めになったり,閉まりきった後に外側の窓枠と窓ガラスとの間に大きな隙間ができたりと,とにかく明らかに普通でない…。

このとき斉藤の頭には,一昨年の2月に起こった出来事が思い出されたのでした…。

車(パジェロJr.)の助手席のウィンドウのはめ込み方が猛烈にシンプルである.【過去記事2012.02】

 このときは,隙間ができたりはしていなかったのと,定期点検目前だったので,定期点検のときにディーラーでついでに直してもらいました。

 が,今回はまだ1月頭。しかも隙間までできてるとなると,車内には入ってこないのですが,ドアの中にどんどん雪が入っていくのがとても気になります。ディーラーに持って行こうかとも思いましたが…。最寄りの三菱さんはどこも定休日…(-_-;)

 仕方が無いので,天気が少しよい状況だったので,DIYする覚悟を決め,Google先生様にHow toを訪ねてみましたら…

 「内張は,ねじ3カ所ほど外して,引っぺがせばとれるよ!」

 と教えてくれたのでやってみました。
 (ちなみに,パジェロJr.での情報は少ないのでパジェロミニでの情報がとても参考になるんです。Jr.とミニはエンジンやトレッド幅なんかが違うぐらいで共通しているところが多いんです。まぁ,ジムニーとジムニーシエラの関係と同じなんだろうな。)


 1)助手席のドアノブのところのねじを外す。
 2)助手席のドア取っ手(!?ポケット!?)のねじを外す。
 3)ドアロックの取っ手を半時計回しにたくさん回して取り外す
 4)フロント側にちょっと浮いている部分があったので,
   そこから外周に沿ってリア側へ向かって,内張を引っぺがす。
 5)上側はドアに引っかけてある状態なので,フロント側,リア側,下側が
   外れているのを確認して,内張を上側に引っ張りあげる

って感じで内張は無事とれました。
パワーウインドウのスイッチのケーブルを内張側から抜かないと,内張が完全にドアから取り外せないのですが,このケーブルが全然抜けないのでどうしたものかと思ったら,

パワーウインドウのスイッチのケーブル
上側からのぞき込んだ様子(左が内張,右がドアボディ)
内張とボックスがボックスの左右のねじ2本で止まっているだけだと言うことが分かったので,ねじを外してボックスごと内張から外しました。

外した内張(内側を見たもの)
左側がフロント側,右側がリア側
3辺に見える白い点が固定に使われる突起部分
そして謎のビニルシートを丁寧にはがすと,
(この謎のビニルシートガムテープで補修されてたり,端っこが足りて無かったりするんだが…交換した方がいいのだろうか…)

ビニルシートを外したところ
(ガラスをはめ直した後に撮影)
あのコの字形のガラスをはめ込むところがばっちり見えました。フロント側のにはしっかりはまっていたのですが,リア側の方のからガラスが外れていました。はまるべき場所の上にガラスをのせて片手で押さえながら,上からぐいっと押し込むことではめ込めました。

ガラスの固定部の拡大
(ただ挟まってるだけ ねじで締め付けられるとかもない) 
と無事修理完了。内張を外したときの逆順ではめていけば完成。
20分ばかしの格闘だったでしょうか。意外と簡単です。


これでもう,ガラスが外れても大丈夫。いや,外れないでくれる方がいいが…。

0 件のコメント:

コメントを投稿