2014/02/27

霜が降りた朝に見たオオハクチョウの採餌行動

 今朝はそこまで冷え込んだわけじゃないけど,車がずいぶんと霜に包まれていました。
凍り付いた車のボディ
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)

 長万部川のガンカモ類の様子を見に行ったところ,栄橋付近では,車が凍り付いていたのとは対照的に,気温がそれほど下がっていないこともあってか,水面はほとんど結氷せずでした。
 開放水面になっているから多めにいるだろうかと思ったら,栄橋よりもどうやら河口川に出て行っているようでした。栄橋付近では,オオハクチョウ1羽のみ。

オオハクチョウ@長万部川(栄橋付近)
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)
冷え込んでいたときには寝ている様子ばかりでしたが,暖かかったのもあってか,採餌行動をしていました。橋のすぐそばだったり,水深が浅かったりしたおかげで,水の中に突っ込んだ首の動きが見えるほどでした。

オオハクチョウ採餌行動:赤矢印のところに水中下の首・頭が見える
よく見るオオハクチョウの採餌活動かと思います。このほかに,頭を突っ込む前に,足で川底を掘り返すも見られたのですが,上手く撮れず……(次は必ず記録してやる)。


 採餌行動にそれぞれ分類名称があったなと思って,ググってみたら,目的とする採餌行動の分類名称は出てきませんでしたが,斉藤のやっていた卒研の内容と似た研究を発見。
宮下沙貴「新潟県丸潟新田における飛来ハクチョウの分布に及ぼす要因」 森林GISフォーラムニューズレターVol.46 2010年5月 pp.12-13
全然やってたときは知らなかった。3年前の自分に教えてあげたい←




---
蛇足:明日はいよいよ卒業式予行。卒業生にとって思い出深いものになるように,みんなでいい式を作りあげたい。

2014/02/26

【授業素材】TED「すべての花粉に物語がある」-植物の生殖発生,生活史でいかが?

 生物系の授業でトピック的に扱えそうなTEDの動画をご紹介。
本日は,ジョナサン・ドローリの「すべての花粉に物語がある」(7分12秒)




http://www.ted.com/talks/lang/ja/jonathan_drori_every_pollen_grain_has_a_story.html



 植物の生殖のあたりって,花粉形成,胚のう形成,重複受精と動物のところの配偶子形成とか受精と比べるとやや煩雑な部分ですよね。斉藤自身が元々植物があまり得意でないこともあって,なかなか他のところに比べるとおもしろ話がない…。そんな中TEDTranslationsを眺めていたら,上の動画を見つけました。
 花粉と言えば花粉症とか,肉眼ではただの粉にしか見えないものですが,電子顕微鏡で見るとそれぞれが特徴的な形をしていて,生存戦略的なものも垣間見れる,なかなか面白いものですね。生徒たちの反応もまずまずでした。



~~蛇足~~

 花粉の電子顕微鏡写真を見ていて,スギナの胞子のことを思い出しました。胞子のまわりに弾糸がついたなかなか面白い形をしていて,湿度で弾糸の形状が変わるという面白いもの。そういえば今年度はすっかり生徒に見せていなかったなと…。次年度は何とかスギナをゲットして…とも思ったのでした。

2014/02/23

冬のフィールド研修終了

 冬のフィールド研修とかって紹介されていたと思うのですが,正式名称は,「北理研 研究部 生物研究委員会 第2回 研究協議会(フィールドチーム)」ということでかなり長い…。
中身としては,

【第1日目】
・標茶高校裏の軍馬山のスノートレッキング
・学芸員の方からの地域素材を使った教材研究についてのお話
【第2日目】
齊藤慶輔さんによる野生生物と人間との関わりについてのお話

というようなものでした。
道南からだと大移動。かつては,厚岸~札幌を毎週移動するなんてやってましたが,テストやら卒業式やら入試やらとドタバタの直前なので体力はセーブしとかねば…ということで,前日に飛行機で飛びました(3年生の授業がないから時間割すかすかで年休とり易いのです。次年度に向けた諸々はあるけど…)


せっかく釧路まで前日に飛んだので,厚岸まで足を伸ばして,研究室の先輩後輩やらの宴に参加したり,オオハクチョウのカウントをやっていた御供山展望台に行ってきたりしました。ピーク期の飛来数がここ数年でどんどん減ってきていて,今年は2000羽ほどでピークが終わってしまったとか。
オオハクチョウ@厚岸湖(御供山展望台より)
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)


軍馬山のスノートレッキングは,スノーシューデビューでした。前進はしやすいけど後退はしにくいということが分かりました。標茶町の学芸員の方が,歴史背景なんかにも触れながら,生物やら地形やらの説明をしてくださいました。いろんな背景が見えた方が認識が広がって素敵だ。

クマゲラの食痕@軍馬山(標茶町)
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)

齊藤さんのお話は,釧路湿原野生生物保護センターを会場に行われました。施設見学なんかもさせていただけました。 「野生動物救護」と「野生動物愛護」を混同しないとか,何でも救護すればいいのではないとか,助けられなかった動物からも多くの情報を収集して蓄積し,予防に生かしていくとか,盛りだくさんの内容でした。いろいろと考えねばならないことが多くて,生徒たちに伝えていくにはもう少し自分の中で咀嚼しないとなと思います。

@釧路湿原野生生物保護センター
(iPhone4S)


 往路は,午前中の便が欠航続きだったり遅延していたりでダイヤが乱れたり,天候調査になっていたりと,ちょっとハラハラしていました。すっかり厚岸入りが遅くなってしまって,宴にはずいぶん遅れた感じで参加となりました。一方,復路は良い天気の中,ほぼ定刻で,眼下に広がる景色をのんびり楽しむこともできました。
飛行機の窓から@JAL2864便
(EOS 70D + SIGMA 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO)


 思っていた以上に内容が盛りだくさんだったので,まだ全然自分の中で咀嚼しきれずにいます。頬袋に詰め込んでいるぐらいです。研修のまとめを書かねばなのと,授業に生かせそうな内容ではあることは間違いないので,記憶とか感覚が鮮明なうちにしっかり咀嚼したいと思います。
 とインプットが大収穫だったのですが,アウトプットというか,GISの宣伝も上手いことできました。潜在的にはGIS周りの技術をつかったら簡単に実現できるようなことをやりたいと思っている先生方は,今回参加された方々の中には多いようです。自分でも試しつつ,輪を広めていけたらなと思っています。



まとまりのない ひとまずの報告でした。
咀嚼したことは,元気があれば書きます。

2014/02/20

長万部川にもガンカモが現る。

 先日,長万部川の河口にもオオワシやらガンカモが来ていたのを見ていたので,物撮りのためにカメラを携えて出勤した今朝,ちょっと寄り道して様子を見てきました。

以前目撃したところと同様の長万部川からの支流の結氷面にオオワシがいましたが,車を止める最寄りのところもないところ(長万部橋のところ)だったので,いるのを確認して素通り。

長万部川本流の未結氷域にガンカモの群れを発見。近場に車を止めてパシャリ。カワアイサでした。8羽ほどの群団が2つほどで16羽ほどでした(内,雌1)。
カワアイサ@長万部川
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)
SS 1/2000, F8.0, ISO500
肉眼で見ていた時と,撮影時は,全然気がつきませんでしたが,写真を見返していたら,
オオハクチョウの幼鳥?のお休みモードのもいた模様です(下写真)。
カワアイサ@長万部川
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)
SS 1/2500, F8.0, ISO500
規模としては大きな飛来地ではないのでしょうが,近くの自然として授業なんかでも使えるようなネタになる気がするので,定期観測とデータの蓄積をしていったら面白いのかなとか思ってます。
 場所的に出勤前後でよりやすいし,授業で生徒を連れてくとなったら,1コマの時間でも十分動ける距離なのも良し。

2014/02/18

先日ふと思ったこと-ヒトの目の構造のたとえとしてカメラを使えるのか…

 先日,「写ガール」なる,デジイチやらミラーレスやらで写真を撮りまくる女子たちが増えているというTVの特集を見ていたときにふと思ったことがあります。


http://sozaing.com/photo/%E5%86%99%E7%9C%9F%E6%92%AE%E5%BD%B1.htmlより


 ヒトの目の構造の簡易的な例えとしてカメラをよく引き合いに出すけど,生徒はそもそもカメラの構造をわかっているのか?

 レンズで光が屈折し,フィルムに像を結ぶ。フィルムカメラを使ったことがあれば,レンズもフィルムも目にする機会があるし,フィルムを写真屋さんに持って行ってもらって現像してもらうなんてことから,何となく構造も見えてきていたのかなと思います。
 しかし,今の生徒たちにとって一番身近なカメラはケータイのカメラであって,これを使っているときには,レンズとかセンサ(フィルム)なんて意識されない。フォーカスもオートだし,ズームしたってレンズが出てくるでもなし,画面をピンチインするだけ。この状況下だと,カメラの構造を自然となんとなくわかるようなことってないですよね。

 「写ガール」的なのが,広く高校生まで広がれば話は変わってくるでしょうが,手軽にすでに自分の持っているもので十分なクオリティの撮影ができている中,わざわざそこにお金をかけられるような高校生がいるだろうか,いや,いない…。



 なんだかよく生活経験が乏しくなってきているのだから,理科の実験や理科実験教室,工作教室なんかを通じて,様々な経験をさせてあげれるのも,理科教育に携わる者として大切なのではないか,なんて事がよく叫ばれている気がします。というか,斉藤はそう思ってます。
 このカメラの話も「経験」とはくくれないかもしれませんが,同じようなことだと思います。さてはてどうしたものか…。そもそも,光とかレンズの事とかわかってない(物理と生物は普通一緒に履修しない)ということも相まって,理論的にだって攻めれやしない。参った…。って状況のまま,今年度の当該範囲は終わってしまっています。カメラの話もせずにお絵かきと解剖実習やって終わってしまったのでイマイチな気がしてます。どうしたものか…。アイディア大募集!です!

2014/02/15

長万部漁港と長流川にて

 先週に続き,今週末も全国的に荒れ模様なのですね。
午前中はなんとか荒れない予報が出ていたので,散髪と食材の買い出しがてら,EOS70Dの試し撮りに行ってきました。

オオセグロカモメ@長万部漁港
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)

オオセグロカモメ@長万部漁港
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)

カモの群れ@長万部漁港
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)

ハシボソカラス@長万部漁港
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)

川岸の氷@長流川
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)

ヒヨドリ@長流川
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)

ミヤマカケス(?)@長流川
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)


 あいにくの天気で光量的にはややしんどい条件でしたが,まずまずかと。
70Dと言えばバリアングル液晶が自撮りな人々に人気のようですが,今回の川岸の氷とかのローアングル撮影でも,いいはたらきをしてくれます。
PowershotS5ISもバリアングル液晶だったので,ローアングルやハイアングルの撮影では,バリアングル液晶が大活躍だったので,70Dでもこれまでの様に取り回していけるというのは,個人的にはとてもうれしいところです。



■2014.02.15 18:30 
大学の同期が最後の2枚の野鳥の同定をしてくれました。サンキュー!

2014/02/11

Canon EOS 70D買ったどー

ついに?やっと?とうとう?デジタル一眼デビューです。
手を出そうと思いながら,手を出さずにいて早5年ほど経ってしまっていました…(笑)


5DmkIIIとか6Dとか7D(7DmkII?)とかとも至極迷ったのですが,お財布との相談と,ボディへの投資よりもレンズへの投資の方が長く使ってくなら良いのではとの助言も各方面から得たので,うろうろしながらも,もしかしたら名機になるかも(?)な70Dにしてしまいました。


【ボディ】
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D ボディ EOS70D


【レンズ】
SIGMA 望遠ズームレンズ APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 単焦点広角レンズ 28mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO キヤノン用 フルサイズ対応


【その他】
【Amazon.co.jp限定】SanDisk Extreme Pro SDHCカード UHS-I Class10 32GB (無期限保証)[国内正規品] SDSDXPA-032G-JAZ

Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター Canon EOS 70D用 KLP-CEOS70D

Kenko カメラ用フィルター MC プロテクター NEO 58mm レンズ保護用 725801

【ガラス&フレーム日本製採用】 高品質 超薄型3.1mmマットブラックつや消し 両面マルチコートMC-UVフィルター 77mm

Canon バッテリーパック LP-E6


とこんな具合です。
レンズはどちらも古めのものですが,そのおかげもあってコスパ的にはなかなかのようなので,ひとまずこのあたりにしてみました。

液晶保護フィルムは,あまり貼らない派(iPhoneも生でポケットに突っ込んでます…)なのですが,長く使うことになるだろうということで,貼ることにしました。液晶タッチパネルですし,貼っといた方が安心。
久々にフィルム張りをしたのですが,今使っているカメラに貼ったときのように苦戦しなかった気がします。フィルムの進化なのか…ただの斉藤の感覚の違いなのか…

フィルターは,kenkoのでそろえようと思ったけど,在庫切れだったので,あまり気にせず,UVフィルターにとりあえずしてみました。←



これまでの使用機 PowerShot S5 IS には,6年間がんばってもらいました。
宗谷岬で強風の中の撮影中三脚ごと倒れて傷だらけになってしまってからもバリバリ働いてくれました。

これからの相棒とこれまでの相棒のツーショットでも撮っておくのが,こんなときの慣わしのような気がするので,一枚。

EOS 70D (APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO装着) (左) と
Powershot S5IS (右)
まぁ,S5ISには,学校の方に常備する形でこれからもしばらく働いてもらおうと思っています。



いくらか写真を撮ってみてから本体のこととかレンズのこととか,書いて見ます。元気があれば…