2014/02/20

長万部川にもガンカモが現る。

 先日,長万部川の河口にもオオワシやらガンカモが来ていたのを見ていたので,物撮りのためにカメラを携えて出勤した今朝,ちょっと寄り道して様子を見てきました。

以前目撃したところと同様の長万部川からの支流の結氷面にオオワシがいましたが,車を止める最寄りのところもないところ(長万部橋のところ)だったので,いるのを確認して素通り。

長万部川本流の未結氷域にガンカモの群れを発見。近場に車を止めてパシャリ。カワアイサでした。8羽ほどの群団が2つほどで16羽ほどでした(内,雌1)。
カワアイサ@長万部川
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)
SS 1/2000, F8.0, ISO500
肉眼で見ていた時と,撮影時は,全然気がつきませんでしたが,写真を見返していたら,
オオハクチョウの幼鳥?のお休みモードのもいた模様です(下写真)。
カワアイサ@長万部川
(EOS 70D + SIGMA APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO)
SS 1/2500, F8.0, ISO500
規模としては大きな飛来地ではないのでしょうが,近くの自然として授業なんかでも使えるようなネタになる気がするので,定期観測とデータの蓄積をしていったら面白いのかなとか思ってます。
 場所的に出勤前後でよりやすいし,授業で生徒を連れてくとなったら,1コマの時間でも十分動ける距離なのも良し。

0 件のコメント:

コメントを投稿